ニュース

カテゴリー

カテゴリーを選択する

過去の記事

日付を選択する
2022.07.31 足尾緑化プロジェクト

第26回 足尾春の植樹デー

27名の植樹ボランティア

5月21日、恒例となりました「足尾春の植樹デー」に行ってきました。参加人数は27名。内訳は読者22名、弊社社長松尾(一番前で寝転ぶひと)、会長(一番右)、社員3名です。

立松和平顕彰碑の前で記念撮影。←みなさんの笑顔がとても素敵でした!!(社長談)

 

 

九蔵口植樹地

足尾に到着。バスを下車、九蔵口植樹地へ徒歩で向かう様子。足尾植樹デーは例年4月に開催されますが、コロナの感染予防から去年に続き人数制限を設け、4回に分けて開催されました。弊社が参加した日は最終日。5月の新緑は生命力にあふれていました。

 

間もなくして、低所作業地の九蔵口植樹地に到着。2021年から植樹がスタートした土地で、木がほとんどない状態です。これから植樹が進んで、景色が変わっていくことでしょう。

 

植樹地入り口。一人一人階段をのぼって現場へと進みます。鮮やかなグリーンのジャンパーを着た方々は”NPO法人 足尾に緑を育てる会”のスタッフです。

 

のり面に置かれた「苗木の植え方」の看板。

 

入り口で手渡された苗木を植える様子。足場もきちんと整備されており、安心して植樹作業ができました。

 

等間隔に丁寧に植えられた苗木。足尾の地にしっかりと根付いてくれますように。NPO法人足尾に緑を育てる会によりますと、1996年から2022年7月31日現在で、累計植樹本数 277,500本・累計参加人数 209,937人になるそうです。同会のキャッチフレーズは「足尾の山に100万本の木を植えよう!」先はまだまだ長いですが、植えた苗木が樹齢50年、100年と育ってくれることを願っています。

 

足尾銅山観光

植樹後に、足尾銅山観光(博物館)に立ち寄りました。足尾銅山の歴史を学べる貴重な施設で、閉山後の坑内をトロッコ列車に乗って見学することもできます。

 

【足尾銅山観光】 〒321-1514 栃木県日光市足尾町通洞9-2 TEL:0288-93-3240 (足尾銅山観光管理事務所)