ニュース

カテゴリー

カテゴリーを選択する

過去の記事

日付を選択する
2022.06.03 バスツアー 新着情報

ダイヤモンド会員バスツアー 鎌倉・江の島めぐり その1

4月9日、約2年ぶりのダイヤモンド会員限定バスツアーを開催。
今回は神奈川県湘南エリア「鎌倉・江の島」へ旅しました。

▽現地でのスケジュール
江の島(10:15~12:15 自由散策・自由昼食)

高徳院 鎌倉大仏(12:35~13:35 見学)

鶴岡八幡宮・小町通り(13:35~15:40 見学・自由散策)

 

江の島編

青銅の鳥居
写真奥に見えるのが江の島の入り口


青銅の鳥居をくぐり、弁財天仲見世通りのゆるやかな坂を進みます。
お土産屋が両側にがひしめく狭い道を上っていくと、この景色。
天候もおだやかで青空広がる絶好の観光日和。
午前中でもこの人出ですが、午後はもっと混みあったようです。

朱の鳥居・瑞心門(ずいしんもん)
江の島には、日本三大弁財天が祀らる江島(えのしま)神社があります。
・辺津宮(へつみや)
・中津宮(なかつみや)
・奥津宮(おくつみや)
3つのお宮には、海の守護神である3姉妹の女神がそれぞれ祀られています。
赤の鳥居と瑞心門はこの江島神社の入り口です。

エスカー
さて、まずは「辺津宮」へ向かいますが石段を上るのは・・・・
と、いうことでエスカレーターで移動することに ← らくちんで便利!
エスカーと呼ばれる有料のエスカレーターは1日360円で乗り放題。
1区~3区(高低差46m)を自由に行き来できます。
↓エスカーのりばとエスカー内部

海を見下ろす絶景スポット
エスカーのりば付近からの絶景。
眼下には、江の島ヨットハーバーが見えます。
2021年の東京2020オリンピック、セーリング競技の会場となったことで
建物や周辺環境も美しく整備されました。

辺津宮
エスカーを降りて向かったのは辺津宮。
女神3姉妹の3女、田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)が祀られる。
いちばん低い場所にに位置するため「下の宮」とも呼ばれるそう。

↓むすびの樹 境内にある縁結びスポット
幸せを願うピンク色の絵馬がたくさん掛かっていました!

↓銭洗白龍王 ここでお金を洗うと金運UP
財布ごと洗いたい・・・(笑)

中津宮
またもやエスカーに乗車。
市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)が祀られる中津宮に到着。
美人祈願でも有名、3宮の中では一番鮮やかな朱色の社殿が目を引きます。
参拝客は圧倒的に女性が多い。

江の島頂上
中津宮からまたまたエスカーに乗って江の島の頂上へ到着。
奥津宮に行く前にちょっと寄り道。

↓江の島シーキャンドル(灯台)

↓丸焼き・たこせんべいで人気な あさひ本店頂上店


たこせんべい!並んで買ったかいがありました。このボリュームはすごい!!!

昼食
↓大正軒でしらす丼

すいません。ちょっと食べてしまってから撮影しました(泣)
”しらす”はもっと盛ってありました!!

奥津宮
三姉妹の一番上、多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)が祀られる。
海を守る神様として崇められています。

龍宮(わだつみのみや)
奥津宮の隣に建つ龍宮は、江島神社の中でも最強のパワースポット!
なぜなら、龍宮の真下にある岩屋と呼ばれる洞窟内に神様を祀ったことが
江島神社のはじまりと伝えられているからです。
さあ、江の島の旅最終章、この先の岩屋へ向かいます。

江の島岩屋
岩屋は波の浸食でできた洞窟。
洞内奥が江島神社発祥の地とされています。

↑岩屋橋
奥津宮から階段で降りること約10分、海岸線沿いへ出る。
目の前に広がる海と朱い欄干、岩屋までのアプローチにドキドキ。
橋に立って見る景色は圧巻です。


↑江の島岩屋 (第1岩屋・第2岩屋に分かれている)
洞窟内は暗く明かりを借りて進みます。
第1岩屋・洞窟奥に神様が祀られている場所です。

江の島編はここまで。

後半、鎌倉編へつづく